函館新聞電子版

イルミナシオン映画祭、シナリオ大賞・短編映画コンペ募集

 函館港イルミナシオン映画祭実行委員会(米田哲平委員長)は第25回シナリオ大賞と第4回ショートムービーコンペティションの作品を募集している。ともに12月3~5日に開催する第27回の同映画祭でシナリオ大賞の表彰式、短編映画は上映を予定する。
 1995年から続く映画祭で、シナリオ大賞は96年度に創設。これまでに「パコダテ人」(前田哲監督、2002年)をはじめとする12本のシナリオが映像化された。20年の映画祭では7本目の長編作品で同年に函館で撮影した「自宅警備員のフェアリーテイル」(藤本匠監督、潮喜久知脚本)が上映された。
 今年も作家の荒俣宏さん、映画監督の大森一樹さん、プロデューサーの河井信哉さんが審査員を務める。作品はプロ、アマ問わず、函館を舞台にした未発表のオリジナル作品。グランプリの函館市長賞には賞金100万円、準グランプリには同10万円が贈られる。8月12日締め切りで、応募規定の詳細は応募要項に掲載している。
 一方、短編映画コンペは若手映像作家の育成を図る目的で開催。応募作から選んだ上映作品を来場者の投票で観客賞(賞金3万円)、審査委員特別賞(同2万円)を決める。2019年以降に作られた20分以内の作品で、公開、未公開、ジャンルは問わない。締め切りは8月31日。
 応募要項、応募用紙はホームページ(https://hakodateーillumina.com/)に掲載している。問い合わせは(0138・22・1037)へ。(今井正一)

      お知らせ











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      東京2020 オリンピック【速報】

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト