函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 10月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 函館合同花火2020
    動画配信
  • 採用情報
    函館新聞社
  • クマ出没マップ
    出没マップ

ドクターコラム/市立函館病院 消化器内科 医療部長 山本義也さん

 肝炎治療の最前線

 慢性肝炎を放置しておくと肝硬変に進展してしまうことがあります。肝硬変になるとさまざまな症状が出現し、肝がんも出来やすくなってしまいます。慢性肝炎の原因として、肝炎ウイルス、過度の飲酒や肥満、自己免疫疾患、普段飲んでいるお薬の影響などさまざまな理由が考えられます。今回は治療薬の進歩が著しいB型肝炎、C型肝炎についてご紹介いたします。
 C型肝炎の抗ウイルス治療は、ここ数年で大きく変わりました。以前はインターフェロンという注射薬を使用しておりましたが、副作用がとても強く治療期間も半年~1年間と長期に及ぶため、大変な治療法でした。しかし、2014年から飲み薬による治療が可能となりました。治療期間は8~12週間へ短縮され、C型肝炎ウイルスを排除できる確率はほぼ100%と大幅に治療成績が向上しました。副作用はほとんど見られず、高齢者や基礎疾患のある方でも十分導入可能です。C型肝炎は撲滅可能になりました。あとは感染に気付いておられない方をいかに拾い上げていくのかが課題です。
 B型肝炎の抗ウイルス治療は、若い方であればインターフェロンを選択することもありますが、多くの方は飲み薬が中心です。C型肝炎との大きな違いは、治療対象と治療期間です。B型肝炎感染者全員が治療対象になるわけではないのです。ウイルス量や肝機能障害の程度で治療適応が決まります。B型肝炎治療薬の効果は非常に良好で、ほとんどの例でウイルス量を減らし、肝機能を正常化することが可能ですが、C型肝炎ウイルスのように完全に排除することは出来ません。一度治療を開始すると休薬することなく飲み続けることになりますが、最新のお薬は副作用も少なく安心して長期継続することが出来ます。
 以上のようにウイルス性肝炎の治療はかなり進歩しております。医療費助成制度もございますので、気になる方はぜひ一度専門医にご相談ください。
(ハコラク 2020年11月号掲載)


略歴
平成5年に北海道大学医学部卒業後、同大付属病院、市立稚内病院、国立がんセンター研究所勤務を経て、市立函館病院に着任。日本内科学会総合内科専門医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本消化器病学会消化器病専門医、日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医。

市立函館病院
函館市港町1-10-1
☎0138-43-2000(代) 
http://www.hospital.hakodate.hokkaido.jp/
■診療科目/消化器内科、呼吸器内科、循環器内科
                  消化器外科、心臓血管外科、精神神経科など全30科目
■外来診療受付時間/8:30~11:30、午後は予約患者のみ
    ※診療科によって異なるので詳しくは問い合わせを
■休診日/土・日曜・祝日
がん相談支援センター開設時間/8:30~17:00
(土・日曜、祝日を除く、内線3289)
なんでも相談コーナー開設時間/8:30~17:15
(土・日曜・祝日を除く、内線4112)




      ドクターコラム











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト