函館新聞電子版

大沼でミズバショウ咲く

 【七飯】大沼付近では春の訪れを告げるミズバショウが咲き始めた。東大沼多目的グラウンド(トルナーレ)近くにある湿地では純白の葉が多く見られ、穏やかな日差しを受けて輝いている。
 ミズバショウはサトイモ科の多年草。白い部分は仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる変形したもので、その中に円柱状の花を咲かせる。今年の大沼は降雪量が299センチと平年(560センチ)の53%と少なく、3月に入り気温が高く推移し雪解けが進み、例年よりやや早い開花となった。
 大沼公園周辺では湖畔周遊道路の軍川側、国道5号、JR函館線沿いで群生が見られ、例年4月中旬に見ごろを迎える。(山崎純一)

      4月5日











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト