函館新聞電子版

  • 5周年
    函館新聞電子版
  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 5周年プレゼント
    ホテル宿泊券
  • 採用情報
    函館新聞社
  • クマ出没マップ
    出没マップ

函館空港で消火救難救急医療訓練、36機関が連携確認

 今年度の「函館空港消火救難救急医療総合訓練」が29日、函館空港で行われ、同空港事務所のほか警察や消防、航空会社、海保、自衛隊、医療機関など36機関245人が緊急時の対応と各機関の連携を確認した。
 同空港は大規模な事故に備えて同訓練をほぼ毎年実施し、今回で15回目。訓練はエンジンから出火した旅客機が同空港に緊急着陸し、滑走路を外れて炎上、多数の負傷者が出たという想定で、市医師会看護専門学校の学生36人が乗客にふんした。
 旅客機に見立てたバスが到着すると発煙筒の煙が上がり、空港消防、つづいて市消防が消火にあたった。市立函館病院のDMATが空港消防の設置した救難所で負傷者のけがの程度を判別するトリアージと緊急医療を実演した。負傷者役の学生たちはドクターヘリや救急車へ搬送された。
 今回の訓練は参加者の迅速な対応で、当初の予定よりも早く終了した。近藤匡生空港長は訓練後講評で「実地の訓練で得られる経験は代えがたい。函館空港の運営は来年3月1日から北海道エアポートに引き継がれるが、引き続きこの経験を活かして」と呼び掛けた。(神部 造)

      9月29日











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト