• 採用情報
    函館新聞社

瓶子岩のしめ縄掛け替え 江差かもめ島まつり開幕

 【江差】第65回かもめ島まつり(江差観光コンベンション協会主催)が7日開幕し、瓶子(へいし)岩のしめ縄を掛け替える神事が行われた。花火大会が順延となるなど雨模様の中、漁師の男性8人で長さ30メートル、重さ500キロを岩に飾った。
 折居と呼ばれる老婆が瓶に入った神水を海に注ぐとニシンの豊漁を招いたという伝承があり、水が入っていた瓶が形を変えたのが瓶子岩とされる。海の守り神としてまつられ、年1回しめ縄を掛け替えている。
 厳島神社奉賛会ら35人が約3時間をかけて、わらを編んでしめ縄を作った。8人の男性は島の前浜から海に入り、高さ10メートルの岩に登って新しいしめ縄を取り付けた。漁師で奉賛会の竹内秋雄会長(68)は「今年も安全に漁ができるように海上安全と家内安全を祈願した」と話していた。
 7日は千人パレードなどが雨のため中止となった。最終日の8日は北前船競漕大会などを予定しているが、天候により早朝に実施を判断する。問い合わせは本部(0139・52・1117)へ。(深津慶太)

      7月 8日の記事

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月14日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会