• 採用情報
    函館新聞社

七飯町長選2氏激突

 【七飯】任期満了に伴う七飯町長選が3日、告示された。午前10時現在、いずれも無所属で、現職の中宮安一氏(63)、前町議会議員の田村敏郎氏(66)=届け出順=が立候補を届け出て、8日の投開票まで5日間の選挙戦が始まった。両候補とも事務所前で第一声を上げた後、町内全域で選挙カーによる遊説を展開した。
 同日程で行われる町議補選は午前10時までにいずれも新人無所属で、会社社長の小板蠢繭(しゅんじ)氏(71)、牛乳販売店経営の稲垣明美氏(49)=届け出順=が立候補した。
 中宮氏は午前8時40分ごろ、支持者約250人を前に第一声を上げた。
 町民の安全安心の確保に努めた3期目の実績を強調し、人口減少対策については、「道新幹線が札幌延伸すると総合車両基地の雇用も増えるため、しっかりと要望活動を行っていく」と雇用創出の必要性を訴えた。
 老朽化した地域センターの複合施設化や子ども向けのロタウイルス予防接種の助成などを政策に掲げ、「批判だけではいい町政はできない。しっかりと政策を進めることで住みたいまち、住み続けたいまち七飯町をつくる」と述べた。
 田村氏は午前8時40分ごろ、支持者約200人を前に桜町の後援会事務所前で第一声。
 町の財政について「借金は来年、134億円に上る。2017年度予算では8億円をおろさないと収支のバランスがとれない。異常事態だ」と批判した。
 町長給与20%カットと歳出削減、給食費の無償化、女性目線での福祉の充実など7つの公約を挙げ「町政の流れを変えることで、子どもや孫が自慢できる夢と活力のある七飯町に変わっていく」と刷新を強調。「5日間で七飯町を変えるために力を貸してほしい」と支持を訴えた。

      4月 3日の記事

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会