臥牛山12月10日・特定健診

 受ける時間がない、がんであると分かるのが怖い、費用がかかり経済的にも負担になる、健康に自身がある、受ける場所が不便…特定健康診査を受けない理由▼特定検診は、糖尿病や高血圧などの生活習慣病予防を目的に実施しているが、函館市の無料受診券の利用は低調、本年度は13%にとどまっている。「働き世代」を対象に胃がんリスク検査、心機能検査などが無料で受けられるクーポン券も▼筆者は後期高齢者検診を受けたところ、γーGTの数値が220と肝機能低下が指摘され、精密検査。なんと3・5センチの円形の悪性がんが見つかった。札幌の病院で6時間半かけて肝臓の半分を切除、胆のうも摘出▼術後の痛みは数カ月かかるといわれ、痛み止め薬を飲みながら治療。検診は3年ごと受けており、肝機能低下は無視していたが、今回は精密検査を受けて助かった。医者から「昨年受診しておけばよかったのに」と叱られた▼早期発見には受診が欠かせないことを痛感。函館の特定検査の無料受診券も、無料クーポン券も3月まで実施。函館の受診率は25年度で26・7%で全国平均(34・3%)を下回っている。面倒くさがらないで、受診して健康維持、受診率アップにつなげたい。(M)

      臥牛山

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月24日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会