ラ・サール 初戦は長崎北陽台 全国高校ラグビー組み合わせ決定

 12月27日に東大阪市花園ラグビー場(大阪)で開幕する、第95回全国高校ラグビー大会(日本ラグビーフットボール協会など主催、来年1月11日まで)の組み合わせ抽選会が5日、大阪市内で開かれた。南北海道代表で初出場のラ・サールは、長崎県代表の長崎北陽台(2年連続15回目)と28日午後1時45分から対戦することが決まった。

 ラ・サールは9月末に函館根崎ラグビー場で開かれた南大会決勝戦で、大会15連覇中だった札幌山の手を22―12で破り、初優勝。函館勢としては1999年の函大有斗以来、16年ぶりの花園出場を決めた。
 今回は95回目の記念大会とあり例年の51校に加え、記念枠4校の計55校が参戦。ラ・サ―ルのほか初出場は4校で、今回は3回戦までの抽選が行われた。同校からは荒木竜平監督と沖野玄主将が出席し、対戦カードが決まった。
 長崎北陽台は17歳以下の日本代表に選出される選手を擁し、バックス、フォワードが一体となった攻撃が魅力のチームで、強豪として全国に名をはせている。荒木監督は取材に対し「一つにまとまっているという印象。もともとBシード校に照準を絞って練習に取り組んできた。どんな強豪が相手でもその成果を発揮し、恥ずかしくない試合をしたい」と意気込みを語った。(小杉貴洋)

      ラグビー

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月21日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会