• 秋季大会
    高校野球

函館マラソン 少人数ボランティアを募集 ゲストランナー2人目は金さん

 7月1日に函館市内で開かれる「2018函館マラソン」に向け、函館マラソン実行委は少人数(3~5人)で活動に当たるボランティアを募集している。主に千代台公園陸上競技場でゴール後の水配りなどに従事。初の試みで、実行委はランナーサービスを強化する考えだ。
 従来は団体や町会、スポンサー企業に依頼する形でボランティア活動を展開しており、今年はエイドステーション(休憩所)が昨年より3カ所増えて14カ所になるため、ボランティアも昨年より100人増の3000人規模になる見込み。これに加えて小規模グループ100人を募集する。
 活動は6月30日午後、7月1日午前、午後で、申し込み時に活動可能な時間を選択できる。15歳以上(中学生は不可)の健康で、6月に開催する説明会に参加できる人。報酬、食事、交通費の支給はない。
 実行委は「多様化するランナーの要望にマンパワーで応えたい」と参加を呼び掛ける。ボランティアの申し込みは市文化・スポーツ振興財団(ファクス0138・57・3115)。問い合わせは市教委スポーツ振興課(同21・3467)へ。
 また、ゲストランナーとしてプロ・ランニングコーチの金哲彦さんが決まった。フルマラソンで、金さんの函館マラソン出場は3年連続3回目。大会前日の6月30日には、市内で金さんによるランニングクリニックの開催を予定している。ゲストランナーはタレントの福島和可菜さんに続き、金さんが2人目。
 特別ゲストには、元マラソン選手でDeNAランニングクラブ総監督の瀬古利彦さんを招く。大会には出場しないが、開会式でのあいさつ、大会終了後にトークイベントを行う。
 実行委によると、2月19日のエントリー開始から4週間が経過し、折り返し地点を迎えた。定員8000人に対し、エントリー済みは6810人超と85%に達している。エントリー終了は4月13日で、実行委は「残りは15%、1100人台となったので早めに申し込んで」としている。(山崎大和)

      陸上

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月19日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会