• 採用情報
    函館新聞社

(荒井三津子さん・暮らしのパレット)「考えたこと」

 夫がチェコの大学で名誉学位を授与されるというので同行した。彼の記念講義の後、私も日本文化を紹介する時間をいただいた。昨年末のポーランドに続き、海外で「日本の食卓文化」について話をする機会を得たことは幸せなことだったが、多々考えることが増えたのも事実である。
 まず、学生たちの熱心な姿勢に感動した。夫の講義にたくさんの質問が飛び交い、議論が白熱したのは当然かもしれないが、彼らにとって専門外である私の話にも興味深い質問や意見が続いたことは意外であった。それが何であっても、学ぶ機会は大切にしようという彼らの積極性ゆえだと思う。この積極性こそ、日本の学生に欠けている。時代のせいか、いや教育する側の情熱の欠如もあるだろう。反省すべきは大人だとまた思ってしまった。
 そして2つ目に考えたことは、これからの自分の仕事である。私の話に熱心に耳を傾けてくれる世界各地からの学生たちを見て、日本でもっと語ろうと強く思った。彼らが日本の食卓や生活文化に興味を持ち、日本との親善が深まることはうれしいが、それは私の本来の仕事ではない。今回もキモノを2着持参したが、平素日本ではキモノを着る機会はほとんどない。楽であること、簡単であることを優先してきた結果だが、食に関しても同じである。
 今一度、日本の暮らしについて考え、その魅力を広く丁寧に語り継ごう。東欧での経験は私に少なからぬ勇気を与えてくれた。(生活デザイナー)

      暮らしのパレット

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月13日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会