• 採用情報
    函館新聞社

ゴッコの季節、恵山で漁始まる

 函館市恵山地区を代表する冬の味覚ゴッコ(ホテイウオ)が水揚げされている。丸々とした見た目が特徴的な魚体が次々と網に掛かり、漁師がゴッコを網から外す作業に追われている。
 ゴッコは外観が格好悪いようにも見えるが、コラーゲンを多く含みぷるぷるとした食感が人気で、古くから函館市民に親しまれている。深海魚だが、冬になると産卵のため浅瀬の岩場に上がってくるため、同地区はゴッコの好漁場として有名だ。
 このうち大澗漁港では、17日早朝に出漁した漁船が刺し網を引き上げて帰港。籾山進さん(75)らの漁船では、網にたくさんのゴッコやババガレイなどが掛かっていた。籾山さんは「ゴッコは2月からが最盛期。年々数は少なくなっているが、きょうはこの時期としてはまずまず」と話し、「ゴッコ汁や生干し焼きもいいが、から揚げにしてもおいしい」と薦めていた。
 2月11日午前11時から道の駅なとわ・えさんで「恵山ごっこまつり」を開催するほか、同祭りに先立ち4日正午にはキラリス函館で、ゴッコ汁を販売するプレイベントを予定している。(野口賢清)

      一次産業

      最新記事

      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医11月18日付け
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月17日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会