函館新聞電子版

全ての検体ゲノム解析 オミクロン株国内初確認

 【札幌】鈴木直道知事は11月30日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの新たな変異ウイルス「オミクロン株」を国内で初めて確認したことを受け、海外、道外に滞在歴のある新型コロナの患者について、全ての検体を道立衛生研究所(札幌)でゲノム解析する方針を明らかにした。函館市など保健所設置市と連携し、監視体制を強化する考えも示した。
 知事は、オミクロン株に関し「まだ不明な点が多い。今後知見が蓄積されてくると考えられるが、客観的で正確な情報に基づき、冷静な行動をお願いしたい」とした上で「道はこれまでも道衛研でゲノム解析による監視を進めてきたが、今回、オミクロン株の対応として海外、道外に滞在歴のある患者について、原則、全ての検体を対象にゲノム解析を実施する」と述べた。
 道内でオミクロン株を確認した際の対応では、知事は「早期探知、早期介入が大事。感染拡大した場合は必要な対策を機動的に講じる」と強調した。
 また、知事は忘年会やクリスマス、正月など年末年始の移動が活発になる時期を迎え「道では1年前、年末年始に社会経済活動が活発化し、年明けから感染が増加した経験がある。一人一人の行動が重要になる」とし、基本的な感染防止対策の徹底を訴えた。(山崎大和)

      政治・行政











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト