ノーマイカーデー CO2削減量過去最大

 函館市は、市地球温暖化対策地域推進協議会が昨年9月14~20日の全市一斉取り組み期間に実施した、通勤、通学時の自家用車利用を控える本年度の「市民ノーマイカーデー」の実績をまとめた。7日間の参加延べ人数は前年度比131人増の944人となり、二酸化炭素削減量が同比858・7キロ増の2092・5キロと、過去最大の削減効果があった。
 地球温暖化防止に向け、二酸化炭素の排出量を抑制するのが狙いで、2012年度から毎年実施。一日以上、自家用車の使用を控え、バスや市電などの公共交通機関、自転車を利用して通勤や通学、買い物する。
 本年度は毎年恒例の環境イベント「はこだて・エコフェスタ」などと連携して参加者を募ろうと、初めて8月29日~9月30日の約1カ月間を実施期間に設定。このうち、一斉取り組み期間の実施報告書をまとめた。
 同協議会事務局の市環境部によると、今回の削減量は函館に住んでいる160世帯の1日分の二酸化炭素排出量に相当するという。車の使用を控えた総距離は前年度比4289キロ増の1万453キロ(北海道約3周半分)で、901リットル分のガソリン節約につながった。
 平均参加日数は4日で、期間中の交通手段は自転車が32・8%と最多。次いで徒歩28・6%、車の相乗りが15・1%となった。
 アンケート調査では、ノーマイカーデーが環境意識の向上に役立つかとの問いに、同比2・5ポイント増の76%が「とてもそう思う」「そう思う」と回答。本年度からは参加特典として消費カロリーを確認できるチェックシートを取り入れており、取り組みが「健康増進や運動不足解消に役立つ」との意見も多かった。一方で、市電やバスの利便性向上や参加促進に向けた大々的なPRが必要との声も寄せられた。
 同部は「新年度以降はより広報の仕方を工夫し、市民全体にノーマイカーデーを浸透させたい」としている。(蝦名達也)

      政治・行政

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月24日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会