• 採用情報
    函館新聞社

富山市の路面電車ルネサンス 函教大・田村教授が報告

 道教育大函館校は22日、地域協働プロジェクトの一環として公開講演会を開いた。同校の田村伊知朗教授(社会学)が「富山市の路面電車ルネサンスに関する政治学的考察」と題して同市の事例を報告した。
 富山市でLRT(次世代路面電車)として開業した富山ライトレールは、JRの富山港線の軌道を活用した路線。富山駅を挟んで、富山地方鉄道富山市内軌道線が走っており、南北接続に向けた事業が進められている。
 ライトレールは主に住宅街、市内軌道線は観光名所や市街地を走り、公共交通の中核に据えたコンパクトなまちづくりを進めている。田村教授は富山市の動きを、自動車社会からの転換に路面電車を活用した1980年代のドイツにおける交通政策になぞらえ、「路面電車ルネサンス」とした。
 富山のLRT事業化の原動力として、国土交通省出身の助役(現副市長)に着目。同市では、長年、旧自治省出身者が長年助役を務めていたが、2002年に国交省都市・地域整備局から2人目の助役を迎え入れ、現在まで5人が国交省から副市長に就任。路面電車への転換とLRT導入推進につながったと指摘。一方で、「中央省庁の官僚に来てもらうためには、それなりの青写真が必要で時間がかかる」などと述べた。(今井正一)

      社会

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      2月18日の紙面

      お知らせ

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      Moora