• 函館新聞デジタル
    ご購読申込はこちら
  • 動画ニュース
    豪華客船と豪華寝台列車、函館で〝共演〟
  • 2024年春
    人事・本社来訪
  • 4月のプレゼント
    映画鑑賞券
  • 4/19
    函新ウイークリーレビュー
  • 参加者募集
    写真の日プロジェクト
  • 求人情報
    総務経理スタッフ、記者

弾む会話、結ぶご縁 中部高生が企画、電車で見ず知らずの乗客交流

 失われつつある交流が電車の中でよみがえる―。函館市電に乗り合わせた初対面の乗客同士が交流を深める初の無料貸切電車イベント「ご縁電車」が26日、市内を初運行した。函館中部高3年の秋山花緒さん(17)の企画が実現したもので、貸し切った3本の電車に年代もさまざまな計70人が乗り込み、スマートフォンを触らずよもやま話に花を咲かせた。
 スマホの普及に加え、コロナ禍で以前にも増して対面交流の機会が減っている現状を危惧していた秋山さん。函館市電を利用した際に乗客同士の距離は近いのに、スマホ操作に夢中で会話のない寂しい光景を目の当たりにした経験から、ご縁電車を思いついたという。企画は昨年全国の高校生からワクワクするアイデアを募った「イベント甲子園」で、参加21団体・個人の中からグランプリを受賞。賞金の100万円を使って実現した。
 秋山さんの考えに賛同した仲間の高校生8人が協力。今回は市企業局も応援し、現役最古参で市電ファンからも熱い支持を集める「530号」が使用された。車内はご縁をつなぐ神社をイメージした装飾を施し、会話の糸口にしてもらおうと特製の〝おみくじ〟や思い出切符も配布した。
 各回1時間半程度の運行で、停車駅ごとに席替えをしてたくさんの人たちが交流を図った。市電ファンが集まれば530号の魅力を語り合ったり、車窓を眺めながらおいしい飲食店の情報を共有したり、学業や仕事、家庭の話など話題も多岐にわたった。参加者は時間を忘れて笑顔で語り合っていた。
 普段は自転車で移動するが、この企画を知り参加したという市内の70代無職女性は「年代も性別も超えていろいろな話題を囲むことができてうれしかった。スマホ世代の高校生が考えた企画ということにも大きな意味がある。デジタルにはない魅力がある。ぜひ継続してもらいたい」と話した。
 秋山さんは「多くの方々と交流できてうれしかったし、自分が想像していた以上のイベントになったと思う。私たちとしては一度きりだが、好評だったので次につながったらさらにうれしい」と話した。(小杉貴洋)










      最新記事











      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医4月21日

      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 土曜トーク/国立函館病院看護師・河村亜紀子さん(39)「手探り状態で医療支援」
      2. 大正庵/函館市美原から北斗市へ移転
      3. 女性の顔面殴った疑いで男逮捕
      4. 函館高等技術専門学院で入学式 30人が技術者へ歩みだす
      5. スナップ・アイ スポーツグラフ
      6. 新幹線乗り入れにJR費用負担応じず 鈴木知事「課題整理の段階」
      7. 傷害容疑で森町の男逮捕
      8. 山崎タイヤゴルフウェアショップ/春夏の新作ゴルフウェアが入荷
      9. 無免許とひき逃げ容疑で男を逮捕
      10. 道の駅横綱の里ふくしま ウルフマンと友情パワーで盛り上げ

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      4月21日の紙面

      SNS公式アカウント

      4月21日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト