• 採用情報
    函館新聞社

(荒井三津子さん・暮らしのパレット)「ハレの日」

 端午の節句を前に、最近元気がなかった私に、仕事仲間の20代のパティシエ二人が鯉のぼりのカップケーキを作ってくれた。飾り付けをしながら「鯉は天にのぼると龍になるという伝説があるらしいですよ」と一人が言えば、「縁起がいい魚なのね」ともう一人。見た目だけでなく味も満点のオリジナルケーキは「元気がなかった」。私を復活させるに十分なパワーがあった。
 子供たちも巣立ち、仕事と親の心配に追われる毎日。気が付けば日々の暮らしにメリハリはもちろん、ワクワクすることなどほとんどなくなっていた。そして彼女たちが端午の節句についてあれこれおしゃべりしていること自体に私は大いに感激した。
 長く食文化や縁起に関する研究を続けているが、実は文化の継承に関しては不安ばかりがつのっていた。クリスマスとバレンタインデーに続きハロウイーンまでがあっさり定着したこと、そして由来が分からない恵方巻きの大躍進などの陰で、日本の伝統的な食文化が忘れられつつあるような気がしていたからだ。
 だが若い世代のさりげない会話が聞こえてきたとき、まだまだ日本は大丈夫だと安堵(あんど)した。きっと行事を大切にする家庭で育った二人に違いない。特別な祝いごとや年中行事を「ハレの日」という。それをどれだけ家庭で経験するか、そこに生活文化の伝承の鍵があるのだろう。
 さて、わが家の娘たちはそれぞれ、どこで誰と端午の節句を祝うのだろうか。(生活デザイナー)

      暮らしのパレット

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月13日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会