• 6/21
    函新ウイークリーレビュー
  • プレゼント
    花火大会観覧席ご招待券
  • 花火招待券プレゼント
  • 7月14日
    函館港花火大会
  • 2024年
    写真の日プロジェクト公開中
  • 求人情報
    エンジニアスタッフ

函館サーモン今年度初水揚げ 出荷量大幅増へ好スタート

 函館市漁協の下部組織、函館サーモン部会が函館漁港(入舟町)内で養殖するトラウトサーモンの今年度初水揚げが28日に行われた。この日は昨年11月から養殖されてきたサーモンのうち、3キロを超える約550匹が捕獲され、その場で血抜きし氷水でしめた後、水産会社に運ばれ加工処理が施され市内のスーパーや飲食店に出荷された。30日には「函館サーモン」のブランド名で店頭に並ぶ予定。総出荷数は昨年度の4000匹から9000匹に増える見通し。
 同漁協では天然魚の不漁により漁業者を取り巻く環境が厳しさを増す中、育てる漁業に活路を見出そうと2021年にトラウトサーモンの海面養殖に着手。初年度は400匹からスタートし、22年6月に200匹を初水揚げた。
 2年目の22年度は前年の10倍以上となる約5000匹を生けすに放ち、約9割の4500匹が成育。3年目となる昨年は生けすの数をこれまでの3基から6基に倍増し、約1万1000匹を育成。厳しい冬の寒さを超え、約9000匹が見事に育ったという。
 同部会リーダーの松川雅樹さんは「質の良いサーモンを育てるために、与える餌に徹底的にこだわり、今年度は初めて餌にイカパウダーを混ぜてみた。確実に食味がアップしているはず」と自信をみせる。また「おととし、昨年と全体の収量が少なかったので消費者に迷惑を掛けたが、今年は毎週1000匹程度を出荷できるので、多くの市民や観光客に函館サーモンを身近に味わってもらえるはず」と話す。
 同部会は今後も生けす6基体制で養殖を継続する予定。松川さんは「函館港のスペースを考えると満足のいく品質管理ができるのはこれが限界。函館サーモンの評判を聞いて本州などからも取引の話が来ているが、質の高さを維持するため現状の養殖体制ををしっかり維持し、地元への供給を優先していきたい」としている。(小川俊之)










      最新記事











      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 養殖コンブで短期就業体験 函館市が参加者募集 担い手確保へ
      2. 【イニング速報】知内―函中部
      3. 養殖コンブ漁、支える福商生 生徒増が人手不足解消の一助に
      4. 【イニング速報】市函-桧山北
      5. 過失運転致死で有罪判決 函館地裁 覚せい剤使用との関係否定
      6. 函館商工信用組合人事(7月1日)
      7. 特殊詐欺97万円被害 函館の30代女性
      8. スーパーで食品万引き 容疑の無職女逮捕 西署
      9. 夏の高校野球/函大柏稜、函工 Aブロック代表決定戦に進出
      10. 浜分近隣公園、カラスが威嚇や攻撃 北斗市が注意呼び掛け

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      SNS公式アカウント

      6月26日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト