• 函館新聞デジタル
    ご購読申込はこちら
  • 動画ニュース
    5年ぶりにクルーズ船2隻が同時入港
  • 5/24
    函新ウイークリーレビュー
  • 7月14日
    函館港花火大会
  • 求人情報
    記者スタッフ

地場材、木質ボイラー導入 新・吉岡温泉23日オープン

 【福島】町が建設していた吉岡温泉(町吉岡219)の新施設が、23日午前10時半にオープンする。浴場には露天風呂やサウナなどを整備し、町内初の木質バイオマスボイラーを整備。地場産木材を使用した建物でゆとりと安らぎの空間を提供する。
 町温泉健康保養センターゆとらぎ館として1994年にオープンした旧施設の老朽化に伴って新施設の建設を進めていた。温泉棟は木造平屋の約932平方メートルの温泉棟と同約40平方メートルの源泉棟を整備。浴場は男女ともに広い浴槽と露天風呂、サウナ室などがあり、高い天井のリラクゼーションスペースなどがある。
 共同事業体として施工した金沢建設(町三岳)は職人が仕上げた道南スギ材のベンチなどのほか、金沢淳悦社長が町出身の千代の富士が生前、九重親方時代に揮毫(きごう)したついたても寄贈した。工事費や備品を合わせ、総事業費は11億9858万円。
 また、脱炭素の取り組みとして熱源に採用した木質バイオマスボイラーはオーストリア製で、緑産北海道支社(江別市)が納めた。建物の外部から自動供給できる仕組みで、温泉では1週間で50立方メートル程度の木質チップを使用。道南では初導入で、同社の担当者は「最先端ボイラーを見てもらいたい」とする。チップは当面、知内森林組合から購入するが、今後、町産への切り替えも進める。
 19日には施設前で竣工(しゅんこう)式が開かれ、鳴海清春町長は「地元木材を活用し、静けさと落ち着きの空間がコンセプト。町民の安らぎと憩いの場として、長く親しみ愛される空間になり、健康増進の一助になれば」とあいさつ。溝部幸基町議会議長や施工業者関係者とともにテープカットをして新施設の誕生を祝った。
 入浴料は中学生以上400円、小学生以下無料。町内在住の65歳以上は150円。月曜定休(祝日の場合は翌日)。営業時間は午前10時半~午後9時。(今井正一)










      最新記事











      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医5月26日

      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 函館桔梗中教員を逮捕 恵山中から発電機など盗んだ疑い
      2. ファイターズの選手がトークショー 25日ファーム公式戦
      3. じゃけん/深夜営業のお好み焼き店が移転
      4. 発電機とストーブなくなる 桔梗中が被害届
      5. 臥牛山5月25日・ガソリンスタンド
      6. 函大谷男女でV 男子林、女子藤田3冠 卓球・高体連支部予選
      7. 函館で特殊詐欺 20代女性120万円被害
      8. 函館市人事(6月1日)
      9. 一時不停止の疑い、北斗の女逮捕 無免許か
      10. 市内小学校で運動会シーズン

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      SNS公式アカウント

      5月25日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト