函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 4月のプレゼント
    映画鑑賞券
  • 採用情報
    函館新聞社
  • クマ出没マップ
    出没マップ

函館の宿泊療養施設、入所者ゼロに 4月以降も借り上げ継続

 道は1日、新型コロナウイルスの軽症や無症状の患者が療養できる宿泊施設「東横イン函館駅前大門」(函館市松風町)について、入所者が2月28日時点でゼロになったことを明らかにした。昨年11月27日に開設以来、ゼロになったのは初めて。
 同ホテルは108部屋があり、道南の無症状者や軽症者を受け入れる。道によると、28日に1人が退所し、利用者はいなくなった。入所のピークは函館市日乃出町の救護施設「明和園」でのクラスター(感染者集団)発生などが相次いだ1月18日の83人。1月中旬以降、感染の落ち着きに伴い入所者も減少傾向にあった。
 借り上げ期間は3月末までだが、道は4月以降も全圏域で借り上げを継続する方向。対策本部指揮室は「感染状況次第だが、4月以降も継続するためホテルだけは確保しておく必要がある」としている。
 道によると、発症から10日間経過し、直前72時間に無症状の場合、施設退所が可能となる。宿泊療養施設は札幌3棟、函館、旭川、帯広、釧路、北見に各1棟の計8棟を運用している。(山崎大和)

      社会











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト