函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 2021年
    新春メッセージ
  • 特集
    思いをギュウっと
  • 1月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 採用情報
    函館新聞社

コクガンが越冬中 波乗りで浅場に

 シベリア東部で繁殖し、日本などで越冬する国の天然記念物・コクガンが、北斗市茂辺地周辺から函館市南茅部地区の広い範囲に飛来している。磯の浅い場所では波の合間をかいくぐりながら、餌をついばむ姿が見られる。
 コクガンは全長約60センチ、翼を広げると1メートル20センチ前後になり、近くで共に過ごすカモ類より大きい。頭から胸まで黒色で、首輪のような白い模様があるのが特徴。
 函館の近海は餌のアオノリがあることで、コクガンにとっては絶好の越冬地。飛来のピークを迎えるのは1月下旬から2月上旬で、3月末ごろまで越冬する。(山崎純一)

      社会











      最新記事











      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医1月17日
      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト