• 函館新聞デジタル
    ご購読申込はこちら
  • 動画ニュース
    函館五稜郭病院が道南初の「ドクターカー」導入
  • 7月14日
    函館港花火大会
  • 求人情報
    記者スタッフ

ラッピングバスで縄文の魅力発信

 来年夏に世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」のPRラッピングバスが18日、報道陣にお披露目された。19日から函館市、北斗市、七飯町内を運行し、〝走る広告塔〟として縄文の認知向上と世界遺産登録に向け機運醸成を図る。縄文PRラッピングバスの運行は道南で初めて。
 18日、渡島合同庁舎玄関前でお披露目式があり、渡島総合振興局の鳴海拓史局長、道南縄文文化推進協議会の境勝則会長、函館バスの内澤博昭常務、バスのデザインを担当したデザイナーひづめみか~るさんがテープカット。記念撮影した後、車両見学会も行った。
 鳴海局長は「地域の人たちが見て、乗って管内の魅力的な縄文遺跡について知ってほしい。世界遺産登録に向けた盛り上がりを加速したい」と期待を込めた。
 PRバス「GO!縄文号」は、地元の機運を盛り上げる事業として振興局と協議会が函館バス(森健二社長)の協力を得て実現。
 バスには、渡島管内にある縄文展示施設9カ所の代表的な出土品各1点(市立函館博物館の戸井遺跡・角偶など)のイラストと、市縄文文化交流センター非公認キャラクター「どぐう館長」を基調とする外装・内装ラッピングを施した。外装後面に構成資産の垣ノ島、大船両遺跡、関連資産の鷲ノ木遺跡の空撮画をラッピングするなど、縄文文化の素晴らしさが一目で見て取れるデザインとなっている。(山崎大和)










      最新記事











      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 五稜郭病院、道南初「ドクターカー」導入 災害時はDMATカーに
      2. 函館サーモン今年度初水揚げ 出荷量大幅増へ好スタート
      3. 交際相手殴る、容疑の少年逮捕
      4. 山菜採りで不明の女性、死亡確認
      5. クルーズ船「ル・ソレアル」函館に初入港
      6. 男子函大谷、女子函商Ⅴ サッカー高体連支部予選
      7. クマ目撃情報(北斗)
      8. 道南の首長、批判と懸念 機構、開業時期の提示「困難」 道新幹線の札幌延伸
      9. 地域の未来考える 生保の団体6月15日にセミナー 市長が講演
      10. 絆メディカルグループ 堀大輔さん/居酒屋とり膳 週替わりランチ

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      SNS公式アカウント

      5月31日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト