• 6/21
    函新ウイークリーレビュー
  • プレゼント
    花火大会観覧席ご招待券
  • 花火招待券プレゼント
  • 7月14日
    函館港花火大会
  • 2024年
    写真の日プロジェクト公開中
  • 求人情報
    エンジニアスタッフ

新嘗祭に「ふっくりんこ」献上へ 知内・南さん献穀者に

 【知内】11月に皇居で営まれる宮中行事「新嘗祭(にいなめさい)」に納めるコメの献穀者(生産者)に町重内の南茂敏さん(54)が選ばれた。5月に田植えを終えており、秋に収穫する道南ブランド米「ふっくりんこ」を納める。南さんに気負いはなく「毎年のことだが、水管理や防除など適期の作業を心掛けていきたい」とより良いコメとなるよう作業にいそしむ。
 新嘗祭は、天皇陛下が神前に全国各地から納められた新穀を供え、収穫に感謝する儀式で、11月23日に行われる。道内からは毎年数人の稲作農家が献穀者として選ばれ、道南で直近では2018年に今金町、13年に木古内町の生産者が新米を納めた。今年は道などを通じて知内町稲作振興会会長、JA新はこだて函館育ちふっくりんこ蔵部(くらぶ)部会長などを務める南さんに決定した。
 南さんは長男の航平さん(25)とともにコメやニラなどを生産。16・2ヘクタールの水田を持ち、今年はふっくりんこと新品種の「そらきらり」の田植えを5月19~25日に行った。近年は自動操縦可能な田植え機や近隣農家と共同でドローンを活用するなど効率化、省力化にも努める。
 津軽海峡からの浜風の影響も受けやすく、田植え後は気温が上がらない日が続いたため、除草作業のタイミングが遅れないか気に掛ける。南さんは「これまでは冷害対策に気を遣ってきたが、昨年のような暑さも心配。出穂時期の水管理を注意したい」と話す。
 ふっくりんこは昨年デビューから20周年を迎え、生産者が独自の品質基準を守りながら道南を代表するブランド米として定着。JA新はこだて知内営農センターの三浦治センター長(50)は「ふっくりんこを全国にも認知してもらう契機。地域が元気になってもらえたら」と期待する。
 9月には関係者で稲刈りの神事「抜穂祭(ぬいぼさい)」を行う予定。新嘗祭に先立ち、10月下旬に皇居で執り行われる献穀献納式で全国各地から新米が奉納される。(今井正一)










      最新記事











      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 養殖コンブで短期就業体験 函館市が参加者募集 担い手確保へ
      2. 【イニング速報】知内―函中部
      3. 養殖コンブ漁、支える福商生 生徒増が人手不足解消の一助に
      4. 【イニング速報】市函-桧山北
      5. 過失運転致死で有罪判決 函館地裁 覚せい剤使用との関係否定
      6. 函館商工信用組合人事(7月1日)
      7. 特殊詐欺97万円被害 函館の30代女性
      8. スーパーで食品万引き 容疑の無職女逮捕 西署
      9. 夏の高校野球/函大柏稜、函工 Aブロック代表決定戦に進出
      10. 浜分近隣公園、カラスが威嚇や攻撃 北斗市が注意呼び掛け

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      SNS公式アカウント

      6月25日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト