「北海道への思い曲に」/GLAYが北海道新幹線イメージソング公開

【札幌】来年3月26日に開業する北海道新幹線のイメージソング「SupernovaExpress2016」を制作した函館出身のロックバンド「GLAY」が、来年1月27日に発売する同曲など4曲を収録したニューシングル「G4・IV」の試聴会を19日、札幌市内で開いたイメージソングを書きおろしたTAKUROらが曲に対する思いを語った
同曲はJR北海道など35団体でつくる「北海道新幹線開業戦略推進会議」が制作を依頼古里・北海道への思いをはせた歌詞と、新幹線をイメージさせる壮大なメロディーが印象的これまで埼玉県内でのイベントで一部が流れたが、すべてを公開するのはこの日が初めて
試聴会はGLAYと道内のFMラジオ局が主催、会場には抽選で招待された約600人のファンが集まった応募数は約3500通(1通2人)で、約11倍の高倍率だった
TAKUROはイメージソング制作について「ほかの道内出身の有名歌手よりもGLAYを選んでほしいと以前から願っていて、関係者にチャンスをくださいとPRしていた函館だけでなく、北海道のこれからを感じさせる曲とした」と話した
曲は軽快なギターから始まり、HISASHIは「開業を記念しファンファーレをイメージした」と紹介TAKUROは「曲を制作中、工事関係者を紹介する番組を見て皆さんの苦労を知った時、自分が生半可な気持ちではいけないと感じた」と意気込みを明かした
このほかJIROは「最近は函館がGLAYを求めていると感じている」、TERUは「来年は新幹線の曲を担当するなど幸先良いスタートになる」、HISASHIは「GLAYは今、良いコンディションまた来ます」、TAKUROは「北海道発展になるような音楽を作り続けたい」と、それぞれに語った(山崎純一)

      ニュース

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月24日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会