• 採用情報
    函館新聞社

みそぎ浜に展望台デッキ町が観光客向けに整備

【木古内】町は来年3月26日に開業する北海道新幹線に伴う整備事業として、国道228号沿いのみそぎ浜に津軽海峡を眺める展望デッキを、木古内駅前交差点に休憩できる小公園を設けると決めた両事業とも開業日までに完成予定で、駅周辺を快適な空間に整える
展望デッキは、みそぎ浜に常設している交通監視塔と鳥居の間に整備高さ1メートルで再生木材を使用床の面積は28平方メートル2段構造で鉄製の転落防止柵も整備する町内で1月13~15日に開催する伝統神事「みそぎ祭り」で、行修者4人がご神体を抱えて厳冬の海に飛び込む「海中みそぎ」を観覧する席の一部にもなるまた、鳥居周辺もブロック舗装にして手水鉢を設置するみそぎ祭り以降に現地着工を予定している
駅前の小公園はブロック舗装で129平方メートル備え付ける円形のベンチなどは約20人が休める道南スギを活用したモニュメント(高さ2・6メートル)のほか、ツツジやヒバも植栽する11月に発注を予定している
両施設とも町有地で、合計事業費は2000万円町は観光客に向けた体感型の観光事業やまち歩きに施設の利用を考えている町建設水道課の若山忍課長は「みそぎ浜の展望台はイベント以外でも自由に立ち寄ってもらいたいまた、小公園は町中の散策の休憩所としてくつろげる場所にしたい」と話している(斎藤彩伽)

      ニュース

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会