• 秋季大会
    高校野球

歴史的建造物の老朽度調査に本腰、函館市

函館市は、西部地区の街並みを形成する歴史的建造物の老朽度などの調査に乗り出す多くの観光客が足を運ぶ函館を代表するスポットだが、築100年を超える建物も多く、持続的な街並みの保全が大きな課題となっている市は19日開会の第2回定例市議会に提出する補正予算案に調査事業費480万円を計上調査を基に修理計画案を立てて、次世代への継承や所有者への支援策を検討する
西部地区は幕末の開港以来、外国の文化を取り入れながら発展し、明治、大正、昭和初期に幾度となく襲った大火を乗り越えて独特の街並みが形成された洋風、和風、和洋折衷建築など、「異国情緒」の言葉に形容される函館を代表する観光名所となっている
市まちづくり景観課によると、市は弥生町や大町など約120ヘクタールを都市景観形成地域に指定特にベイエリアや教会群などがある14・5ヘクタールは、文化財保護法に基づく伝統的建造物群保存地区(伝建地区)となっている元町や末広町を中心に伝統的建造物は75件、景観形成指定建築物は48件の登録があり、約8割が築90年以上、半数近くが築100年を超えている
構造は木造、れんが造、鉄筋コンクリート造などさまざまで、老朽具合や修繕方法は建物ごとに異なる調査で必要な対策を把握し、適切な維持管理につなげるカフェなどに改装され活用されている建物もある一方で、同課は「空き家となって保存状態が良くない物件もある所有者の高齢化も進んでいる」とする
本年度は予算成立後に伝建地区内で10件程度の調査を実施来年度以降も継続して、5年間で50件程度の建物の状況を取りまとめ、修理計画案を作成指定建築物を対象とした修繕費などを助成する制度の見直しも進める同課景観担当は「いま調査を進めなければ手遅れとなってしまうこともあり得る建物、街並みの継承や活用につながるよう取り組みを進めたい」としている(今井正一)

      ニュース

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月19日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会