• 花火招待券プレゼント
  • 6月のプレゼント
    花火大会観覧席・映画鑑賞券
  • 7月14日
    函館港花火大会
  • 求人情報
    エンジニアスタッフ

刻んだ歴史、次代に継承へ 遺愛学院本館が報道公開

 2018年から保存修理工事中の国の重要文化財「遺愛学院本館」(函館市杉並町)が27日、報道陣に公開され、復元した講堂やホールなどがお披露目された。新年度にも校舎としての利用を再開し、遺愛女子高校・中学の生徒たちは「特別な気分にひたれそう」と楽しみにしている。
 本館は1907(明治40)年12月に竣工(しゅんこう)し、「北海道における木造学校建築の代表作」として、関係文書とともに2004年に重文指定。保存工事では米国から運ばれたという建築当初の木材をそのまま生かし、傷んだ部分は国産材で補修。会議室として使われていた講堂やホールの仕切りを撤去して創建当時の間取りに戻した一方、外壁は創建時の濃緑色ではなく、長年親しまれたピンク色とし、戦時中に屋根に設置された防空監視所や、古い黒板に重ねて取り付けた黒板など、建物に刻まれた歴史を残している。
 本館は4月から校長室、職員室、自習室、特別教室、講堂などとして利用する。報道公開は、仮設足場などが撤去されたタイミングに合わせ「仮設校舎からの引っ越し前に修理が進んだ本館を見てもらいたい」(川嶋秀夫事務長)と実施した。生徒たちの多くも本館を見るのはこの日が初めてで、案内を務めた高校1年の吉原朱音(あかね)さん(16)は「広々とした廊下の、木の温かみに包み込まれる感覚がとても良かった。本館で学ぶ日が楽しみ」と目を輝かせ、沢口雛音(ひなの)さん(同)は中学校入学前、小学5年生の夏にオープンスクールで訪れた改修前の本館に憧れていたといい、「5年前の感激がよみがえった。あと2年、この校舎を使えるのが夢のよう」と喜んだ。
 同校は今年、創立150年を迎える。本館は復元中の階段など一部工事を継続するが、9月には完了し、9月28日の記念式典で卒業生や招待客らに公開する。川嶋事務長は「先人たちが大切に使い残してくれたのと同様、現役の校舎として使い続けながら今後の100年に受け継いでいく」と話し、「特定の曜日や時間に限っての一般公開も検討中」としている。(神部 造)










      最新記事











      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. ロシア極東大閉校へ 25年度の入学募集停止
      2. 函館市議会 道南ドクヘリ、函病の離着陸拠点本格実施
      3. 陸上男子3000メートル小林が大会新 女子四種競技で川辺も 函館・渡島中体連
      4. プロレス「ノア」7月8日、13年ぶり函館開催 大和田選手がPR
      5. 函館市議会一般質問 一問一答(13日)
      6. 公表時期示されず 再検討後の計画内容 棒二跡再開発
      7. 22日から夏の高校野球支部大会 組み合わせ決まる
      8. さぶりメロン初競り、2玉で10万円
      9. 花と緑のまちづくり~函館市住宅都市施設公社だより/公社ってなに?公園管理ってなに?
      10. 血糖の変動を可視化 持続血糖モニター機器

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      6月14日の紙面

      SNS公式アカウント

      6月14日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト