• 函館新聞デジタル
    ご購読申込はこちら
  • 動画ニュース
    豪華客船「シーボーン・オデッセイ」函館港に初入港
  • 2024年春
    人事・本社来訪
  • 4/19
    函新ウイークリーレビュー
  • 参加者募集
    写真の日プロジェクト
  • 求人情報
    総務経理スタッフ、記者

「臨床美術」学び資格取得 函館で初、5級5月開講

 認知症予防などにつながるといわれる「臨床美術」。プログラムを実践する臨床美術士の5級の資格取得講座が、5月に函館で開講する。7月まで計5日間の日程で基礎を学ぶ特別クラスで、函館で開かれるのは初めて。主催する団体は「臨床美術の入り口を学んでほしい」としている。
 臨床美術は、創作活動を通じて心の解放や脳の活性化を促す芸術療法。認知症の予防やストレス緩和などにつながるといわれ、注目が集まっている。臨床美術士は芸術造形研究所(東京)が開く講座を受講し、日本臨床美術協会(神奈川)が認定する民間の資格。5級から1級まである。プログラムに沿って実践するのが臨床美術士の役割だ。病院やリハビリ、高齢者施設など活躍の場が広がっている。
 資格取得講座は、道内ではこれまで札幌でしか受講することができなかったが、函館で関心が高まっていることから、初めて開くことになった。
 会場は函館市地域交流まちづくりセンター(末広町)で、5月18、19日、6月15、16日、7月14日の計5日間に集中して行う。講師は2級の資格を持ち、NPOアート・ウィズ・ライト臨床美術(札幌)の理事長を務める土門環さんが務める。
 函館・道南には資格を持つ人が2人しかいないが、そのうちの一人で七飯町在住の中村まゆみさん(65)は函館市内で講座を主宰するなど活発に活動している。「資格を持つ仲間が増えると、活動の幅が広がり、臨床美術の魅力を多くの人に伝えることができる」と参加を呼び掛ける。
 時間は午前9時半~午後4時50分(6月16日と7月14日は同3時10分まで)。受講料(教材費やテキスト代を含む)は17万3140円。締め切りは30日。申し込みと問い合わせは同研究所(03・5282・0210)へ。(松宮一郎)










      最新記事











      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 函館港に初入港 豪華客船「シーボーン・オデッセイ」
      2. 茶房菊泉がリニューアルオープン 外国人・アニメファンに人気のカフェが復活
      3. 函館でサクラ満開 過去3番目タイの速さ
      4. 日吉町で住宅火災
      5. 小学校6校の統合見送り 函館市教委が方針
      6. 駆除した鳥獣を地域資源へ 北斗市に解体加工処理施設が竣工
      7. 窓ピカピカ、景色一望 花見本格化前に清掃 五稜郭タワー
      8. 「JRに具体的要請していない」新幹線乗り入れ問題で市長
      9. いかぽっぽ/七飯本町町内会が見晴公園で清掃活動
      10. 渡島の60代男性、電子マネー150万だまし取られる

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      SNS公式アカウント

      4月24日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト