臥牛山12月4日・基幹農業従事者減

 農業に携わる人の高齢化が進んでいる。先日発表された2015農林業センサスが明らかにしている。農業就業人口の平均年齢は66・3歳。そのうち65歳以上が占める割合は3人に1人の63・5%という▼深刻なのは、農業で生計を立てている専業の基幹的農業従事者の実態。20年前は250万人いたのが、この5年間で13%も減って177万人。その平均年齢は67・1歳と、先々に不安は広がるばかり▼当然ながら耕作放棄地は増える。5年前に比べ約3万ヘクタール増の42万ヘクタール強。富山県の面積に匹敵する面積という。農業者が減るから、放棄地は増える…誰でも分かる答えだが、問題は改善の動きが見られないことだ▼現実に新規の就農者数では追い付いていかない。北海道をみても後継者(学卒・Uターン含む)、新規参入者を合わせても年間600人から700人ほど。経営の組織化が進んでいるとはいえ、農業現場の赤信号状態に変わりはない▼そのつけは食料自給率にも表われ、一向に上がらないどころか逆に下がって39%。国の農政に問題があったと指摘されても仕方がない。そして今、TPP(環太平洋連携協定)が重くのしかかっている。「大丈夫」には何の保証もない。(A)

      臥牛山

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月20日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会