函館新聞社第25回函館港花火大会-海の日制定記念

本日7月14日(日)の「第25回函館港花火大会」は予定通り開催いたします。たくさんのご来場をお待ちしております。

  • 打ち上げ開始:7月14日 午後7:45~
  • 会 場:豊川ふ頭~青函連絡船記念館摩周丸岸壁周辺
午後6時から会場周辺で臨時の交通規制が行われます。以下ページをご確認いただきご理解とご協力をお願い申し上げます。

○交通規制・観覧上の注意事項はこちら

  • 交通規制および注意事項
  • 7月14日
    函館港花火大会
  • 7/12
    函新ウイークリーレビュー
  • 7月のプレゼント
    映画鑑賞券
  • お知らせ
    高校野球イニング速報について
  • 求人情報
    事務、総務経理スタッフ

春節到来、道南圏の周遊増期待

 中華圏の旧正月「春節」(8日)を間近に控え、今年も多くの外国人観光客の来函が予測される。昨年までチャーター便のみだった中国との国際航空路は今年は3路線が定期化されており、5日開幕の「さっぽろ雪まつり」(11日まで)と春節休暇の期間がほぼ重なることから、道南圏への周遊増加が期待されている。
 今年の春節の休暇は7日から13日までの1週間。函館でもこの時期に「函館海上冬花火」(6~10日、実行委主催)が企画されるなど、春節の観光客を出迎える動きが定着している。
 函館空港の国際定期便は現在、台湾(台北)が2社で週8往復、中国は3社が北京、天津、杭州との間にそれぞれ週2往復ずつ運航している。2日~16日は、中国東方航空による上海からのチャーター便が計7往復決まっている。
 2014年度の市内の外国人宿泊客数を見ると、台湾人は昨年1~3月の各月は2万人前後で推移し、春節の2月だけ急増する傾向は見られなかった。一方、中国人の宿泊は1月の約6000人が2月には1万2000人とほぼ倍増し、3月には再び6000人台に落ち着いた。ビザ発給要件が同1月に緩和されたことも後押しとなり、〝春節特需〟が顕著に表れた。
 また、本年度上期(4~9月)は国内全体の外国人客の入り込み増加もあり、台湾人の宿泊が前年同期比6・5%増、中国人が162・5%増となった。市観光部国際観光課は「例年、下期の伸び率の方が上期よりも大きい。本年度の中国の伸び率を考えると、春節時の入り込みがどの程度増えるのかは予測はできないが大幅に増えるはず」と期待している。(今井正一)










      最新記事











      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医(7月15日)

      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 車が自転車の女子高生はねる 杉並町
      2. 【函館新聞からのお知らせ】7月16日に函館港花火大会/2023年
      3. 函館新聞からのお知らせ/7月14日に函館港花火大会
      4. 夏熱く、ステージなど多彩 ダイナマイトサマーフェス開幕
      5. 夏の高校野球南大会/函大柏稜、4回打線爆発
      6. 交際相手の女性に傷害容疑 26歳男逮捕 函館西署
      7. ニュース細見/木古内・藤沢教育長が学校現場で研修中
      8. 函館七飯ゴンドラで16日にデコトライベント
      9. 夏の高校野球南大会/函大柏稜が快勝、準々決勝進出
      10. クマ出没情報(北斗)

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      SNS公式アカウント

      7月14日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト