• 7/19
    函新ウイークリーレビュー
  • 動画
    函館港花火大会
  • 求人情報
    事務、総務経理スタッフ

函館サーモン2年目の水揚げ、昨年の10倍超へ

 函館市漁協の下部組織、函館サーモン部会が函館漁港内で養殖するトラウトサーモンの今年度水揚げが17日、行われた。この日は丸々と成長した約280匹が捕獲され、水産会社で加工された後、市内のスーパーやすし店などに出荷された。18日には「函館サーモン」のブランド名で店頭に並ぶ予定。
 同漁協では天然魚の不漁により漁業者を取り巻く環境が厳しさを増す中、育てる漁業に活路を見出そうと2021年にトラウトサーモンの海面養殖に着手。同11月に400匹の海面養殖をスタートし、22年6月に200匹を初水揚げ。「脂の乗りが上品でおいしい」と市民や観光客から好評を得た。
 2年目となる昨年11月には前年の10倍以上となる約5000匹を生けすに放ち、約9割の4500匹が平均3・7キロ、最大5キロまで成長した。今季の冬は前半は寒波、後半は高温が続くなど厳しい育条件だったが、函館港内という水温の変化が少ない養殖場所の中で順調に成長したという。
 同部会リーダーの松川雅樹さんは「餌を変更するなどした結果、より品質の高い成魚に育った。近年、サーモン類の養殖を行う地域は増えたが、魚のチェックを毎日欠かさず手をかけているので、他地域に負けないおいしさと自負している。昨年は全体の収量が少なく消費者にご迷惑を掛けたが、今年は多くの市民や観光客に函館サーモンを味わってもらえる」と話す。今後は7月まで毎週火曜日に300匹程度水揚げし、木曜日に店頭に並ぶ見通し。
 同部会は、来年度は1万1000匹まで養殖数を増やし、本格的な事業化への研究を進めていく。松川さんは「函館山の麓で養殖される質の高いサーモンとして、スルメイカと並ぶ函館を代表する海産物を目指していきたい」と意気込んでいる。(小川俊之)










      最新記事











      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 万代埠頭の転落車両から人骨のようなもの発見
      2. 函館で熱戦「王位戦第2局」 昼食にイカ料理やすし
      3. 警察官の顔殴る 公務執行妨害の疑いで男逮捕
      4. 傷害容疑で東京の26歳男逮捕
      5. 函館市中体連/サッカー 桔梗が4連覇
      6. 函館対局は渡辺九段が制し1勝1敗に「王位戦」第2局
      7. 【速報】知内で車同士が衝突する事故
      8. 9種目で大会新 陸上・道南選手権
      9. 無銭宿泊の疑いで自称会社経営の男逮捕
      10. 桧山管内で30万円を要求される架空請求詐欺未遂事件発生

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      7月20日の紙面

      SNS公式アカウント

      7月20日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト