• 6/21
    函新ウイークリーレビュー
  • プレゼント
    花火大会観覧席ご招待券
  • 花火招待券プレゼント
  • 7月14日
    函館港花火大会
  • 2024年
    写真の日プロジェクト公開中
  • 求人情報
    エンジニアスタッフ

南茅部地熱発電所で現地見学会、設備を公開 オリックス

 オリックス(東京)が1日に運転を開始した函館市臼尻町の「南茅部地熱発電所」(発電出力6500キロワット)の現地見学会が29日開かれ、関係者や報道陣に発電所敷地内の設備を公開した。
 同社は太陽光、地熱、風力など再生可能エネルギーによる発電事業を推進し、南茅部地区では2014年から地熱の資源量調査を実施。同地区の地下水は地熱発電で使われる熱源の中では低めの約180度で、建設にあたっては比較的低温度の発電に適し、地下の熱水の熱で水より沸点の低い媒体(代替フロン)を沸騰させ、蒸気でタービンを回すバイナリー方式を採用。19年から送電線設備、20年から発電所建設に着工し、今年4月に竣工(しゅんこう)。同社によると、バイナリー方式の地熱発電所では国内最大規模で年間約1万3000世帯分を発電。所内で使用する一部を除き、北海道電力に売電する。
 見学会と合わせ、市南茅部総合センターで完成披露会が開かれ、関係者約50人が出席。同社の高橋英丈専務執行役環境エネルギー本部長は「多くのステークホルダーの皆さんに支えられ竣工できた。関係者の支援、協力に深く感謝したい」とあいさつ。エネルギー・金属鉱物資源機構の高原一郎理事長、函館市の佐藤聖智子副市長が祝辞を述べた。
 発電所の敷地面積は約1万平方メートル。見学では地下から熱水をくみ上げる生産井(せいさんせい)や、熱で媒体を沸騰させ蒸気にする熱交換器、発電を行うタービン建屋、活用した熱水を地下に戻す還元井(かんげんせい)など設備を公開した。
 高橋本部長は「道内では泊原発が停止中で、需要に対し供給がギリギリの状態。半導体工場建設も進む中、地熱など再生可能エネルギーを活用したベース電源となる発電所を作ることは脱炭素に向けて重要」と話した。(飯尾遼太)










      最新記事











      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 知内温泉にサウナ棟「呼吸の間」 22日オープン
      2. スーパーで食品万引き 容疑の無職女逮捕 西署
      3. 【イニング速報】函工―江差
      4. 【イニング速報】函大柏稜―七飯
      5. 自民茂木幹事長が道新幹線渡島トンネルを視察 早期開業へ「予算しっかり」
      6. 企業探訪/湯ノ浜
      7. 夏の高校野球/函大谷、函商が快勝 準決勝へ
      8. 木古内でクマと車が衝突 けが人なし
      9. 夏の高校野球/函大谷 打線つなげて快勝
      10. 夏の高校野球/函商5回コールド勝ち

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      SNS公式アカウント

      6月24日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト