• 採用情報
    函館新聞社

市電、函バスIC乗車券「イカすニモカ」、3月25日から運用開始

 函館市は24日、函館市電と函館バスで導入するICカード乗車券「ICAS nimoca(イカすニモカ)」の運用開始日を3月25日と発表した。同15日から市内各所で同カードの販売を始める。
 同カードは市電と函館バスの乗車ごとに運賃の3%相当の「固定ポイント」や当月利用金額に応じた「ボーナスポイント」が付き、乗車運賃のほか、「交通系ICカード全国相互利用サービス」に対応する交通機関やコンビニなどでの買い物にも利用できる。
 カードの販売場所は、駒場乗車券販売所、函館バス各営業所、函館駅前バス案内所、丸井今井函館店で、同25日からは市電と函館バスの車内でも購入することができる。
 販売価格は2000円で、うち1500円分が利用でき、残りの500円分は預り金としてカード返却時に返金される。入金(チャージ)することで繰り返し使うことができ、カード販売場所や市役所、市企業局庁舎、コープさっぽろ湯の川店などに設置する機械のほか、主要コンビニエンスストアでも入金できる。
 ICカードの導入に伴い、磁気カードの「イカすカード」は2018年3月末で販売を終了する(使用期限は19年3月末を予定)。(金子真人)

      政治・行政

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      お知らせ

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      Moora