函館新聞電子版

函館でオミクロン疑い 今年初の感染確認

 市立函館保健所は6日、函館市内で新たに1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。市内での感染者確認は昨年12月1日以来。同保健所はオミクロン株に感染した疑いがあるとして、検体を道立衛生研究所(札幌市)に送った。オミクロン株の感染が確定すれば、渡島・桧山管内では初めてとなる。市内の感染者は累計1694人となった。
 同保健所によると、感染者は函館在住で年代、性別ともに非公表。年末年始に道央地域に帰省し、函館に戻った1月3日に発症。感染経路は不明。函館市内での濃厚接触者はいない。症状は軽症で、市内の医療機関に入院している。
 同保健所は「国内でオミクロン株の感染が相次いで確認されている。引き続き『三密の回避』『マスクの着用』『換気』など基本的な感染防止対策を徹底してほしい」とし、「体調に不安を感じるときは旅行や帰省、イベントなどの外出や移動を控えて」と呼び掛けている。
 今年初めての感染者発生を受け、市教委生涯学習部は、9日に函館アリーナで開催を予定している成人祭について「感染対策を徹底したうえで、予定通り実施する」としている。(小川俊之)

      社会











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト