函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 3月のプレゼント
    ラッキープレゼント&映画鑑賞券
  • 特集
    私の3月11日
  • 採用情報
    函館新聞社

海上保安庁が118番の日啓発、昨年有効件数247件

 海の緊急ダイヤル「118番」を知ってもらおうと、函館海上保安部と第一管区海上保安本部函館航空基地は、「118番の日」の18日、函館駅で合同PR活動を行った。
 118番は2010年5月1日に運用開始。翌2011年に「118番の日」が制定され、今年で10周年を迎えた。
 18日は同部の海上保安官や函館航空基地の機動救難士ら4人が、チラシや缶バッジを配布。海上保安庁のマスコットキャラクター「うみまる」とともに、「海の事件・事故は118番」と呼び掛けた。
 北海道を管轄区域とする第一管区海上保安本部内で昨年、118番に寄せられた通報件数は3万2472件。有効件数247件のうち、情報提供が157件、事故が90件で、昨年10月に松前町でミニボートから転落した男性など、遭難者が自ら通報し救助に至った事例もあった。
 一方、その他の3万2225件が間違い電話などの非有効件数で、最近は減少傾向にあるものの依然大半を占めており、知名度の向上が課題になっている。
 おととしからは聴覚障害者などに向けてスマートフォンからの入力で通報を受け付ける「NET118」の運用も始まったが、事前登録が必要なこともあり昨年の利用は全国で4件にとどまっている。
 函館海上保安部の佐藤久管理課長は「『海の事件事故は118番』は海で仕事をする人はよく知っていると思うが、現状は一般の人の認知度が低い。海のレジャーを楽しむ方はぜひ覚えて」と話している。(神部 造)

      社会











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト