有段者の部で中濱さんがV、「道南竜将」坂木さんに挑戦へ

 渡島、桧山のアマチュアによる「第22回道南竜将戦」、小学生が争う「第12回道南小学生竜将戦」(函館新聞社、日本将棋連盟函館中央支部主催)が19日、函館新聞社ホールで開かれた。「道南竜将」の坂木祐介さん(29)への挑戦権を巡り争った挑戦者決定戦(有段者の部)は、函館市の中濱佑介さん(27)が優勝し、後日に行われる坂木さんとの三番勝負(開催日未定)に挑む。無段者の部は影悠希君(深堀中1年)、道南小学生竜将戦は吉田和樹君(旭岡小6年)が優勝した。(山崎純一)
 有段者の部は11人が予選リーグ、決勝トーナメントを行った。優勝した中濱さんは「自分の得意な戦い方より、良い将棋をしようと心掛けた。おかげで最後まで粘れたことで優勝できた」と話す。坂木さんへの挑戦について「(坂木さんの)将棋を研究しても、その上を行く強さがある。自分は失うものがないので思い切り向かっていきたい」と話した。
 無段者の部は10人が同様に試合を行い、中学生同士の決勝となったが、影君が勝ち「日本将棋連盟初段免状」を獲得した。「副賞の羽生善治さんの色紙が欲しかったので勝てて良かった。有段者として道南竜将などに挑戦したい」と笑顔を見せた。
 道南小学生竜将戦は、11人がポイント式4回戦で行い、吉田君が全勝し、初めて将棋大会で頂点に立った。「優勝できるとは思っていなかった。どの将棋も難しく、自分の得意の矢倉がうまく展開できなかった。最後まであきらめずに頑張ったおかげだと思う」と喜んでいた。
 結果は次の通り(敬称略)。
 ▽有段者の部 ①中濱佑介②中亮太③鈴木浩子▽無段者の部 ①影悠希②庄山航生③佐々木祥汰▽道南小学生竜将戦 ①吉田和樹②野又克史③長澤一世④隈元薫⑤松田瑠輝

      社会

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月25日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会