• 採用情報
    函館新聞社

大妻高北斗で田んぼアートに挑戦

【北斗】函館大妻高校(池田延己校長)食物健康科1年生37人が9日、色の違う観賞用稲で絵や文字を描く「田んぼアート」の田植えを北斗市市渡の水田で行った来年3月の北海道新幹線開業を見据えた初の試み雨の中、生徒たちはぬかるんだ田んぼにはだしで入り、「ふっくりんこ」などの文字が浮かび上がるよう苗を移植した
JA新はこだてが協力し、総合学習の一環として2007年から行っており、昨年までは主食用米作りを体験してきた今年は同JA大野基幹支店の田山光幸営農センター長所有の水田約558平方メートルを提供ふっくりんこの公認キャラの部分は、既に今月6日に北斗市民らが農業体験の一環で移植を終えている
生徒は植え方の説明を受けた後、田んぼに入り、歓声を上げながら田植えを開始ふっくりんこのほか、「JA新はこだて」「北斗市」の文字を見本線に沿って1時間かけて植えた余白スペースにはふっくりんこを植え、12月の創作料理発表会に使う
田山センター長によると、青森県田舎館村などから葉色が白い「ゆきあそび」、紅紫系の「紅あそび」など観賞用稲7品種を取り寄せた最初は緑色の稲が、育つにつれて7月末ごろから白や赤、紫などに変化するという田山センター長は「来年は新幹線で来るお客に見てもらう仕掛けにしたい」とし、観光振興に結び付ける考え9月末から収穫が始まる
竹田有沙さん(15)は「最初は嫌だと思ったけれど、途中から足も手も泥まみれになって楽しかった」と笑顔を見せた(山崎大和)

      ニュース

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会