カーネーション色鮮やか

【七飯】道内1位のカーネーション出荷量を誇る七飯町で、共同選別作業が始まっているJA新はこだて七飯基幹支店ななえ農産センター(大中山7)では、黄色やピンクなど色彩豊かな切り花を全国へ送りだしている
共選は今月2日からスタート現在は火、金、日曜の週3回受け入れている作業場では、パート従業員約60人が手際良く選別、箱詰めしており、1日約3万本を出荷している
今月中に受け入れを週6回に拡大、最盛期の7、8月には1日約30万本を扱う年間出荷計画は約1500万本に上り、共選は11月末まで続く
七飯町と北斗市の45戸が夏場を中心にスプレー系、スタンダード系合わせて約160種を栽培、品種への多様なニーズに対応する
同支店花卉(かき)課の白石英帝人(ひでと)係長は「生育は平年並みまだ数量は少なめだが、天候が良くなれば出荷が増え、今月末には出そろうだろう」と話している(山崎大和)

      ニュース

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月26日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会