函館新聞電子版

  • 5周年
    函館新聞電子版
  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 6月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 採用情報
    函館新聞社
  • クマ出没マップ
    出没マップ

シネマアイリス開館25周年、佐藤泰志原作映画順次上映

 函館市民映画館シネマアイリス(本町)は1996年5月24日の開館から25周年となるのを記念し、14日から4週間にわたって、「海炭市叙景」(熊切和嘉監督、2010年)をはじめとする同館が製作した佐藤泰志原作映画4作品を順次、リバイバル上映する。菅原和博代表(65)は「久しぶりの上映で、スクリーンで見てもらいたい」と話している。(今井正一)
 上映するのは、14日から「海炭市叙景」、21日から「そこのみにて光輝く」(呉美保監督、14年)、28日から「オーバー・フェンス」(山下敦弘監督、16年)、6月4日から「きみの鳥はうたえる」(三宅唱監督、18年)で、各1週間を予定。入場料は1000円とする。
 同館の25年の歴史のうち、この10数年は佐藤原作小説の映画化と歩み、地方発の作品を生み出す映画館としても知られるようになった。菅原代表は「佐藤さんの小説と出合って、1本映画を作ることができるなら『海炭市叙景』しかないと思った。大勢の仲間と撮りあげ、函館への思いをはせた人たちの結晶のような作品」と振り返る。
 いずれの作品も国内外で高い評価を受け、今秋には5作品目となる「草の響き」(斎藤久志監督)の公開が控える。菅原代表は「原作が書かれたのは30年以上も前だが、その世界観やテーマ性は今の時代にも通用し、古ぼけていないのが魅力。各監督が腕を振るった多様な佐藤泰志の世界を楽しんでもらいたい」と話している。
 期間中、上映がない日もある。問い合わせは同館(0138・31・6761)へ。

      文化











      最新記事











      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医6月13日
      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト