函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 7月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 特集
    コロナ禍に思う
  • クマ出没マップ
    出没マップ

医療の現場から/市立函館病院 助産師 伊藤恵子さん

 こころとからだのケア

 女性は妊娠すると女性ホルモンの影響で心身が劇的に変化します。むくみや腰痛、肩凝りなどの身体的症状が現れたり、イライラや不安感などの不快な症状に悩まされることがあります。特に初産では何もかも初めての体験であるため、心身の不調を来すケースが多くみられます。
 昔は、妊婦は安静にという考え方が主流でした。しかし、現在では医師や助産師など専門知識人の管理のもと、合併症のない妊娠12週以降の妊婦の運動は強く推奨されており、運動することのメリットが証明されています。厚生労働省の「健やか親子21」でも、安全な妊娠・出産・育児のための切れ目のない妊産婦・乳幼児保健対策の1つとして、妊婦の健康を掲げています。 妊婦の運動の中の1つにマタニティヨガがあります。マタニティヨガは1981年に東京の「田中ウィメンズクリニック」の研究によって生まれ、全国に普及したといわれています。マタニティヨガはそのような心身の不調を緩和し、出産に向けての体力づくりやリラックス法として近年さらに注目されています。マタニティヨガには、全身の血流を促し、むくみや腰痛、肩凝りの軽減など、とても身体的効果があります。また、呼吸法でリラックスすることにより、副交感神経が優位となり、自律神経が整います。呼吸を通して母子との繋がりを実感し、赤ちゃんに向き合う時間を持つことによって、出産後の子育てに良い影響を与えるとされています。
 助産師は、女性の出産が満足できる体験となるよう支援していくことが求められております。妊娠中の女性の心身の不調や不安に少しでも寄り添い、出産に前向きに取り組めるよう支援していくことが大切です。
 マタニティヨガを妊婦と助産師の交流の場としても活用していき、さまざまな悩みに対して相談できる窓口になれれば良いと考えています。
(ハコラク 2020年3月号掲載)


市立函館病院
函館市港町1-10-1
☎0138-43-2000(代)
http://www.hospital.hakodate. hokkaido.jp/
■診療科目/消化器内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器外科、
                  心臓血管外科、精神神経科など全30科目
■外来診療受付時間/8:30~11:30、午後は予約患者のみ
                              ※診療科によって異なるので詳しくは問い合わせを
■休診日/土・日曜・祝日
がん相談支援センター開設時間/ 8:30~17:00
(土・日曜、祝日を除く、内線3289)
なんでも相談コーナー開設時間/ 8:30~17:15
(土・日曜・祝日を除く、内線4112)



      医療の現場から











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      7月14日の紙面

      イベントカレンダー

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト