• 高校野球
  • 採用情報
    函館新聞社

北海道と幕末の歴史感じて 坂本龍馬記念館 命名150年記念し特別展示

 北海道坂本龍馬記念館(末広町8、三輪貞治館長)は、今年が北海道命名150年であることを記念し、龍馬らに関する常設展示に加え、道の歴史にゆかりのある史料を「北海道150年ロゴマーク」とともに展示している。また、明治維新から150年でもあり、西郷隆盛が主人公のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」が放送されていることも受け、隆盛のほか、勝海舟に関する史料計8点を紹介している。特別展示はともに年末までの予定。
 同館が昨年12月、道や市の活性化に貢献したいという思いで、道が募集していた「北海道みらい事業」に登録したことをきっかけに企画した。
 特別展示には、勝海舟愛用の刀「水心子正秀」や当時徳川家にたたる妖刀とされ、倒幕志士らの憧れの刀でもあった隆盛の佩刀(はいとう)「伊勢国千子村正」のほか、隆盛が自身の生きざまを書き記した「書懐」、美術家古賀忠雄作の「西郷隆盛ブロンズ像」も展示されている。
 同館の柳田善徳さんは「北海道と幕末のつながりや歴史の息遣いが感じられる展示なので、ぜひ見に来て」と来館を呼び掛けている。
 開館時間は午前8時~午後6時。年中無休。問い合わせは同館(0138・24・1115)へ。(柳元貴成)

      社会

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      7月18日の紙面

      紙面ビューア

      デジタル紙面を見るにはログインする必要があります。

      2018 大学進学説明会