• 函館新聞デジタル
    ご購読申込はこちら
  • 動画ニュース
    豪華客船「シーボーン・オデッセイ」函館港に初入港
  • 2024年春
    人事・本社来訪
  • 4/19
    函新ウイークリーレビュー
  • 参加者募集
    写真の日プロジェクト
  • 求人情報
    総務経理スタッフ、記者

道南石油を子会社化 石油事業大手の三和エナジー

 石油事業大手・宇佐美グループの三和エナジー(横浜市、高松克行社長)は26日付で、函館市大町の石油販売業、道南石油(河波巌社長)の全株式を取得し、同社は宇佐美配送事業グループに加わった。同日、市内で株式譲渡の成約式が開かれ、両社長が証明書を交わした。
 道南石油は1960年創業。燃料配送や海上での船舶への給油のほか、函館、北斗の4カ所でガソリンスタンドを運営。2023年3月時点の売上高は30億円で従業員は54人。
 一方、三和エナジーは軽油、灯油、バイオ燃料をはじめとした燃料配送事業、大規模災害時のエネルギーサポート事業などを手掛け、グループ会社と連携し、全国で事業展開。道南石油では、数年前から会社の事業承継の課題を抱えており「これまでやってきた事業をつないでいきたい」(河波社長)との思いから動き出し、日本M&Aセンター(東京)などを通じてマッチングに至った。 
 株式譲渡に伴い、同日付で高松社長(55)が道南石油代表取締役社長に就任。河波社長(77)は退任し、顧問に就いた。同グループ会社は道南石油で全国10社目となった。
 成約式で河波氏は「成約を迎えられ、非常に幸せ。今後もフォローできるような体制をとっていきたい」と感謝。
 今後の経営では「道南石油」の屋号は残し、既存の事業も継続する。高松社長は「陸のみならず、海上での給油事業は魅力でシナジー効果、爆発力につながる」と期待を込め「(子会社を通じて)船舶ビジネスの知識を学び、船舶のバイオ燃料化にも取り掛かりたい」と意気込みを語った。(飯尾遼太)










      最新記事











      きょうの人生指針/誕生月占い

      函館新聞デジタルとは
      函館新聞 デジタル お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      最新ニュース

      アクセスランキング

      1. 函館港に初入港 豪華客船「シーボーン・オデッセイ」
      2. 茶房菊泉がリニューアルオープン 外国人・アニメファンに人気のカフェが復活
      3. 函館でサクラ満開 過去3番目タイの速さ
      4. 日吉町で住宅火災
      5. 小学校6校の統合見送り 函館市教委が方針
      6. 駆除した鳥獣を地域資源へ 北斗市に解体加工処理施設が竣工
      7. 窓ピカピカ、景色一望 花見本格化前に清掃 五稜郭タワー
      8. 「JRに具体的要請していない」新幹線乗り入れ問題で市長
      9. いかぽっぽ/七飯本町町内会が見晴公園で清掃活動
      10. 渡島の60代男性、電子マネー150万だまし取られる

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      はこしんフォトサービス
      フォトサービス

      掲載された写真を購入できます

      はこしんバックナンバー
      バックナンバー

      過去3ヵ月以内の函館新聞を購入

      はこしんポスト
      ポスト

      取材依頼・情報提供・お問い合わせ

      国内外の主要ニュース


      クローズアップ


      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      SNS公式アカウント

      4月24日のイベント情報

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト