• 採用情報
    函館新聞社

函館市、ICカード乗車券導入に向け来月プロポーザル実施

函館市は市電と函館バス共通のICカード乗車券の導入に向けて、事業者選定のプロポーザル(提案型公募)を来年1月に実施すると明らかにした。来年度予算案にも関連経費を盛り込む考えで、本年度中に受託候補者を決定し、17年3月の運用開始を目指す。
 市は11月に、国からの支援を受けるための法定計画として、持続可能な公共交通網の構築にまちづくりや観光振興の視点を盛り込んだ市地域公共交通網形成計画を策定。ゾーンバスシステムの導入を軸としたバス路線網の再編、利用しやすい料金体系導入などを掲げる。
 ICカードには現金を入金することができ、市電やバス車内の機器にかざすことで運賃を支払う仕組み。乗降時間の短縮や正確な乗降データの把握ができるようになる。システムには、JR東日本の「Suica(スイカ)」に代表される他の事業者間でも相互利用ができる「全国相互10カード」と、「地域カードによる片利用」方式がある。例えば、札幌の「SAPICA(サピカ)」は後者で、10カード所持者の乗車はできるが、サピカは他地域では使用できない。
 プロポーザルは市企業局と函館バスが共同で実施し、来年1月に公告。委託経費などは今後決定するが、導入経費の3分の1は国の補助金を充てる。事業者には、導入するシステムの種別を含め、導入、運営コストなど総合的な提案をしてもらい、3月に審査で受託候補者を決定。来年度中にシステムの構築や機器を納入してもらい、17年3月に運用を開始する。市は18年3月にはカードに定期券の機能を付加する考え。
      (今井正一)

      政治・行政

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会