• 秋季大会
    高校野球

女子競輪2選手 「地元」函館でデビュー

 函館市などがプロの競輪選手を育てる「ホワイトガールズプロジェクト」1期生の三尾那央子選手(30)=函館市出身=と、寺井えりか選手(26)=紋別市出身=が3日、函館競輪場で開かれた「サテライト石狩杯争奪戦」(FII)でデビューを果たした。地元の期待と声援を受け、バンクを疾走した。
 2選手ともに同プロジェクトで約1年にわたる訓練を経て、昨年5月に日本競輪学校に入学。今年3月に卒業し、日本競輪選手会道支部の女子選手としてプロ登録した。三尾選手は第6レースで7着。寺井選手は第7レースで3着と健闘した。2選手とも序盤で仕掛け、粘り強く走り切った。師匠の薮下昌也さん(59)は「初戦にしては上出来。回を重ねるごとに良くなっていくはず」と期待した。
 家族も応援に駆け付け、三尾選手の父・斉藤義幸さん(56)は家族5人で来場。「始まったばかり。これからだと思う」と話し、夫の一之さん(42)は「選手として長く続けてもらえれば」と見守る。寺井選手の母・早苗さん(55)は「やはりプロの世界。簡単に勝たせてもらえないが、よく頑張った。明日以降が楽しみ」と勝利を願った。レースは5日まで開催。(佐々木 司)

      その他

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月19日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会