函館新聞電子版

「期待に応える」十両優勝の一山本、福島町を訪問

 【福島】福島町職員から角界入りし、大相撲九州場所で十両優勝を果たした一山本(28)=本名・山本大生、二所ノ関部屋=が2日、町役場と福島中学校を訪問した。役場では町職員らの歓迎を受け、鳴海清春町長は「次が勝負」とエールを送るとともに「一山本の活躍は子供たちの励みになる」と笑顔で話した。
 一山本は、後志管内岩内町出身。2016年春に福島町役場入りし、同年末まで教育委員会学校教育係で勤務する傍ら、町相撲少年団で子どもたちの相撲指導に当たっていた。町役場の表敬訪問は、十両昇進の報告や函館場所の時なども行っており、今回で4度目。
 役場では、十両優勝を祝うのぼりを揚げて来庁を歓迎した。一山本は古巣を懐かしむ様子で「いつも明るい役場は懐かしい。皆さんの期待に土俵で応えられるよう結果を残したい。また良い報告ができれば」と幕内での番付定着を誓っていた。
 福島中では、全校生徒45人を前にあいさつ。「健康に気を付けてほしい」と話し、相撲部には「来年の中体連全国大会に向けて頑張ってほしい」とげきを飛ばした。2年生の水澤将真さんは同大会での優勝を誓っていた。
 この日は、出身校の大野農業高校(北斗市)も訪問した。(佐藤由紀彦)

      武道・格闘技











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト