函館ハーフマラソン、福士加代子選手が出場

 6月26日に開かれる「2016函館マラソン」(実行委など主催)のハーフマラソンの部に、リオデジャネイロ五輪女子マラソン日本代表の福士加代子選手(34、ワコール)が出場することが決まった。福士選手をはじめとした招待選手は計19人、実業団選手なども加えた「エリートランナー」は、過去最多の150人を超す見込みで、北海道新幹線開業記念の同大会を大いに盛り上げる。
 福士選手は青森県五所川原工業高校卒。3000メートル、5000メートルの日本記録をはじめ、ハーフでは1時間7分26秒の日本・アジア記録を持つ。1月に大阪国際女子マラソンで自身2度目の優勝を果たし、五輪代表に選出された。
 函館の大会は初出場。2011年4月の北斗市運動公園陸上競技場のオープン記念で道南に訪れる予定だったが、東日本大震災の影響で実現できなかった。
 一般受け付け開始後すぐの3月17日に、出場を働きかけた道南陸上競技協会の岡部寿一理事長に対し、福士選手を指導する永山忠幸監督から「大会記録に挑戦させる」と快諾の返事があったという。福士選手の5年越しの登場に、岡部理事長は「地元の学生たちに世界的な選手の快走を目の当たりにしてもらい、陸上、長距離の素晴らしさを感じ取ってほしい」と願いを込める。
 招待選手の男子は、昨年大会優勝のギザエ・マイケル選手(スズキ浜松AC)など7実業団から8人、東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)出場選手が4人。「公務員ランナー」と称される川内優輝選手(埼玉県庁)も名を連ねる。女子は昨年優勝の加藤麻美選手(パナソニック)ら、6団体から6人がエントリーしている。
 エリートランナーの出走は昨年の50人から3倍に上り、岡部理事長は「地方大会でこれだけの人数が走るのは珍しい。どの選手も素晴らしいタイムの保持者で、ハイレベルな大会になるとともに、函館の活性化につながるだろう」と話している。(蝦名達也)

      陸上

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月25日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会