函館新聞電子版

  • 5周年
    函館新聞電子版
  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 5周年プレゼント
    ホテル宿泊券
  • 採用情報
    函館新聞社
  • クマ出没マップ
    出没マップ

荒井三津子さん・暮らしのパレット/春を待つ

 卒業式が中止になるという前代未聞の対応から1年。今年は開催されたところが多いようだが、家族や在校生の人数が制限されたり、式典や関連イベントが短縮されたりなど、異例であることは変わりない。卒業前の貴重な1年を異例ずくめで過ごした若い世代には同情を禁じ得ない。そんな中でも工夫しながらやってきたのだ。胸を張って次のステージに歩み出てほしい。
 昨年、全国的に休校措置が取られ始めたころ、「9月入学」が話題になった。高等師範学校が4月に始まったのが明治19年。それ以来、国の会計年度に合わせて「3月卒業、4月入学」が定着したようだ。長くそのことは議論されなかったが、これを機に9月始業の多くの国に足並みをそろえるのかと、新しい風に少々期待した。だが、議論は深まることなくお蔵入りになってしまった。働き方も学び方も、この1年で大きく変わったように、教育システムも見直す絶好のチャンスだったように思うが、それどころではないのが現状だったのだろう。卒業と入学は桜に象徴される行事になって久しい。このことも、9月入学案の議論が深まらない理由の一つかもしれない。  
 北国はまだ雪の中だが、家庭懐石を教える自宅教室ではお花見気分の食卓を作ってみた。早くも店先に並んだタラの芽の天ぷらなど、竹串を使って立体的に盛り付け、満開のトウカイザクラを添えると、お盆の上だけ春になった。今年はお花見ができるのだろうか。我慢には限度がある。
(生活デザイナー)
 

      暮らしのパレット











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト