函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 特集
    秋季北海道高校野球
  • 9月プレゼント
    映画鑑賞券
  • クマ出没マップ
    出没マップ

荒井三津子さん・暮らしのパレット/考える時

 お盆に帰省することについてマスコミは喧(かまびす)しい。「かまびすしい」とは言い過ぎかもしれないが、ウイルスの感染拡大を危惧するなら移動距離に関わらず誰にも接触しないのが良いに決まっている。遠距離だからダメなのか、公共の乗り物がダメなのか、複数集うのがダメなのか、明確な答えも説明もないのだから喧しいと言いたくもなろう。
 ウイルスも細菌も地球上どこにでもいる。害虫もクマも危険はどこにでもある。その都度注意し、対応するしかない。治療薬とワクチンが見つかれば状況は変わるが、コロナウイルスを絶滅させることはできない。今こそ生き物の多様性を理解し、ウイルスも含め多種多様なモノたちとの共存を考える時なのだと思う。
 そして同時に考えたいのが休暇の取り方である。宗教に関わらず「お盆」はみんなが堂々と休める期間である。毎年高速道路は大渋滞。だがこの休み方を見直そうという動きはこれまで放置されてきた。お墓参りはお盆だけでなくてもよいはずだ。「リモートお墓参り」もあるらしいが、お墓参りは形骸化してほしくない。家族孝行もリフレッシュのための休暇も集中させずに取れないものか。それには子供の学校の休み方も教師の休暇の取り方も考え直さねばなるまい。
 働き方とて一気にリモートワークが主流になったのだから、学び方も休み方も考え直してみてはどうだろうか。苦境はいろいろな場面に大ナタを振るうチャンスである。新しい時代への貴重な準備期間である。(生活デザイナー)

      暮らしのパレット











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      9月18日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト