• 12月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 採用情報
    函館新聞社

荒井三津子さん・暮らしのパレット/「師走雑観」

 今年も写真のケーキを作った。自宅教室では30年以上前から毎年作っている。市販のバームクーヘンを重ねて円錐(すい)型にし、シュークリーム型のチョコレート菓子をつまようじで刺すだけなので絶対に失敗しない。フランスの伝統的なケーキであるクロカンブッシュを真似て考案した。本物はシュークリームを飴で固めながら積み上げるが、家庭ではこの方法で良いのではないだろうか。多忙なこの季節でも、これは楽しい作業なのでお勧めしたい。
 さて師走の声を聞くと人は皆、時の流れの速さを口にする。確かについこのあいだクリスマス飾りを片付けたような気がする。だがこの慌ただしさや忙しさは、私たちに大量のエネルギーを与えてくれる。先日、叔父の法事があった。三周忌まで気を張ってきた叔母が「もうがんばる目標がなくなったわ」とポツンと言った一言が気になった。
 冠婚葬祭や人生儀礼にはやはり大きな意味があるようだ。慶事ではなく法事であっても、それを目標に人は頑張ることができる。叔母とは真逆に、子育て真最中の友人は、次々に起こる問題や心配ごとに疲れ、先が見えなくてつらいと嘆いていたが、先が見えないからこそがんばれる訳で、その中に楽しみがたくさん見つかるはずだ。課題や目標はそれだけで私たちを鼓舞してくれる。程度にもよるが、適度なストレスと緊張感はアンチエイジングの最高の妙薬であり、エネルギー供給源なのだとしみじみ思う今年の師走である。(生活デザイナー)

      暮らしのパレット

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      12月13日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト