• 採用情報
    函館新聞社

(荒井三津子さん・暮らしのパレット)「キャンドル」

 食卓の仕事でキャンドルが必要になり、あちこち探して驚いた。あるわあるわ、さまざまな色や形のキャンドルが出てきた。写真はその一部である。
 花のデザインの勉強をしていた40年近く前、食卓にキャンドルをともす提案は、受け入られなかったように思う。北欧の生活を模して、暖かな明かりを楽しもうと提案しても、食卓もそれほど大きくない日本の家では難しかったのだろう。それでもせっせとキャンドルを作ったり集めたりしていた私は、太くて安定感があるものが好きだった。
 今回、それらがいくつか見つかった。何十年も倉庫で眠っていたキャンドルたちは昔通り明るくともった。火は単に明かりや熱源として使うだけでなく、人の目と心を引きつけ、優しい気持ちにしてくれる。実に不思議な力がある。祈りの場に必ず火があるのは当然である。
 さて、今こそ私たち日本人はキャンドルに注目すべきではないだろうか。9月、北海道を襲った大地震はもはや日常会話の中心にはなく、その直後ほどの危機感を私たちはすでに持ってはいないような気がする。長い停電や断水を経験して、当初みんなで心掛けた節電も節水も平常に戻ってしまった。
 喉元過ぎればこんなものか。太くて安定感のあるキャンドルは頼りになる。実用性もありロマンチックでもある。たまにはキャンドルだけの静かな夜も悪くはない。いろいろ気が付くことがきっとある。(生活デザイナー)

      暮らしのパレット

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月15日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会