• 採用情報
    函館新聞社

(荒井三津子さん・暮らしのパレット)「忘れないこと」

 北海道胆振東部地震から1週間経った日、もうそんなに大きな余震はないだろうと思い、食器棚に貼ったテープを全部はがしたとたん、震度3の揺れがあった。こうやって人間は油断するのだと肝に銘じた。震源地付近の人たちの緊張感には一時の緩みもないはずである。
 地震直後、計画停電を避けるために道民は20%の節電をするように呼び掛けられた。かなりの数字が保たれていることは喜ばしい。だがまだ営業していない店舗や工場が再開するころ、今は消えているネオンサインが次々に点灯し、止まっているエスカレーターも動き出すのではないだろうか。「このくらいはよいだろう」とみんなが思い、いつの間にか元にもどってしまうのが怖い。
 東日本大震災直後、駅も空港も学校もデパートも、皆が節電に協力した。暗いことに誰も不平を言わず、がまんできた。それが今はどうだろう。どこもかしこも元の明るさに戻ってしまった。今回は断じてそうなってはいけない。電気の大切さは痛感したはずである。玄関の門灯は消し、家族が一部屋で過ごすなど、わが家もできることをしている。炊飯器は多めに炊いて冷蔵、冷凍するほうが電気の節約になると聞いたので実践している。
 冷凍庫のトウモロコシと枝豆と鮭で作った混ぜご飯、この日の仕上げは贅沢(ぜいたく)をしてバター。オール北海道である。北海道は道民が守るしかない。(生活デザイナー)

      暮らしのパレット

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会